わたしたちは総合エンジニアリング会社として社会に貢献することをめざします
  • トップページ
  • 会社概要
  • 決算公告
  • 事業案内
  • 製品案内
  • 採用情報
  • 関係会社情報

トップメッセージ

創業ストーリー「夫婦岩を守れ」

写真  スガテックの前身、「菅組」が産声を上げたのは大正9年(1920年)1月のことである。創業者は菅金助、当時25歳。造船所の職工として一人前に認められていたものの、一介の使用人であることを潔しとしなかった菅が一念発起独立して興した。創業の地は三重県鳥羽町(現・鳥羽市)、造船所時代の菅の実績と人柄を認め、応援してくれる人が周囲に多かったからである。
 その菅組の名を伊勢志摩地域に轟かせたのが、創業1年後、大正10年(1921年)8月に手がけた二見ヶ浦夫婦岩の修復工事である。

写真  天下の名勝、二見ヶ浦夫婦岩は、大正7年9月の台風で女岩が根元から折れてしまっていた。女岩は総重量40トン、岩質は手を触れるだけでボロボロに崩れるほど脆弱であった。この岩を原型を保ったまま修復するのは至難の業といわれ、工事を請負う者は大手土木会社といえども誰もいなかった。そこに名乗りを上げたのが菅金助であった。菅は地元の名物が倒れたまま放置されていることに胸を痛め、日々修復の策に知恵を絞っていたのである。
 独立してまだ1年余り、新参者の菅に工事を依頼することに難色を示していた保勝会(夫婦岩修復のために結成された財団)も、提出された修復工事案を検討するにつれ、菅の工法および人柄を認めるにいたり、菅組に修復工事を一任することになった。
 菅の考案した工法は、脆くなっている岩を鉄製のバンドで包み、岩とバンドの間に綿をつめて保護、固定してから引き起こすというものだった。模型をつくっての実験、同形同重量の岩を用いての吊り上げテストなど慎重な準備を重ね、本工事に着工した。
 幸い工事は順調に進み、着工後約2カ月で完成した。女岩と基盤の岩を鉄筋でつなぎ、コンクリートで固めたうえ周囲に防波岩を築くなど万全の工事であった。以来、今日に至るまで名勝夫婦岩はその壮麗な姿を私たちに見せているのである。
 それから90余年、菅が見せた技術の荒野への熱いまなざしと、「夢」をもって飽くなき高みを目指す志は、連綿と現在に受け継がれている。

※竣工式は大正10年10月20日に行われ、以後、スガテックではこの日を創業記念日と定めている。
※参考・引用『スガテック90年社史・90年の歩み』

page top
大きい ふつう 小さい