わたしたちは総合エンジニアリング会社として社会に貢献することをめざします
  • トップページ
  • 会社概要
  • 決算公告
  • 事業案内
  • 製品案内
  • 採用情報
  • 関係会社情報
製品案内
TOP > 製品案内 > SACベルトクリーナー

SACベルトクリーナー SACベルトクリーナー

Self Adjusting Cleaner (クリーニングブレード自動圧着調整機能付クリーナー)

お好みの項目をクリックして下さい

SACベルトクリーナーの特長

1.クリーナーブレードのチップ先端の調整が不要です

SAC-Iタイプ及びSAC-IIタイプ
上下スプリングの作用により、ベルト表面の凹凸に合わせてチップ先端の位置合わせを行う必要がありません。クリーナーブレード先端全体をベルト表面に押しつけると、チップ先端が自動的にベルト表面形状にフィットします。

2.ヘッドプーリーの真下にも簡単に短時間で設置可能です

SAC-Iタイプ
前述の自動圧着機構によりクラウンのついたヘッドプーリーの真下にも取付け可能であり、既存のシュートボックス内への取付けも簡単に短時間で可能です。

3.過負荷回避機構によりベルトに傷をつけません

SAC-Iタイプ
プーリーとベルトの間の異物の噛み込みや、ベルトへの付着物が異常に多い時などはクリーナーは過大な力が作用してクリーナーやベルトを傷つけることがあります。SACクリーナーはこのような場合、サイドスプリングが作動して過荷重を回避しベルトとクリーナー自体の損傷を防ぎ、かつ、元の取付け状態へ自動復帰します。

4.カキ取り効果の持続性が向上

SAC-Iタイプ及びSAC-IIタイプ
上下スプリングの効果によって走行ベルト表面の挙動追従性が向上し、ベルト幅方向はもちろん、長さ方向の凸凹にもよく追従するので、高いカキ取り効果が期待できます。

5.カキ取り効果が高い

SAC-Iタイプ及びSAC-IIタイプ
クリーナーブレードの垂直方向および回転方向(水平方向)の揺動性が改善され、かつ揺動ストロークも大きくなり、長時間カキ取り効果を発揮します。

6.優れた耐摩耗性

SAC-I、SAC-II、RCCタイプ共
チップには耐蝕性が優れ、高硬度を誇るタングステン・カーバイト製超硬合金を採用し、優れた耐久性、耐摩耗性を発揮します。

7.各タイプ共、回転機構付きを基本としており、部品交換が現場で簡単にできます。

クリーナーブレードのチップは1から2年程度で摩耗し、交換する必要がありますが、各部品が細かく分離できるので短時間に簡単に部品交換が可能です。

8.SAC-I及びSAC-IIタイプ共左右対称形であり、正逆運転が可能です

但し正逆運転の場合は粗取り用クリーナー(RCC)はご使用は出来ません。

9.使用条件に応じた最適の選定が可能

取付け位置及び使用条件を考慮して8種類のSACクリーナーと粗取り用クリーナー(RCC)を準備致しました。最適な選定にお役立て下さい。

10.適用設備

製鉄所、火力発電所、土木建築、セメント工業、石灰石やその他鋼工業のベルトコンベヤに最適です。
大きい ふつう 小さい